スクラップドデイズ

下弦の月 Last quarter

リーインカネーション。
転生する時、人のそれまでの記憶は消え去ってしまう。
というより、綺麗に忘れてしまう。

でも、稀にその記憶を思い出したり、忘れずにいる人がいる。

今、空に輝く月。
その月と全く同じものを見ることが出来るのは19年に一度。

もし、あなたが生まれる前に生まれ変わっても一緒に居たいと、
誓った相手がいたら。
転生して前世の記憶を忘れて生きていたある日、そう誓った相手が現れたら。
その相手が、カルマから逃げ出してしまったが故に転生できないとしたら。
そして前世の記憶を思い出したなら。

今の生を送るか、前世の約束を果たすか、
どちらかを選ばなければいけないとしたなら。

この映画で出された一人の一つの答え。
それが最良とは思わない。
でも、人というものはそういうものなのかもしれない。

下弦の月 Last quarter
[PR]
by karmanrain | 2005-04-21 01:38 | 御伽草紙
<< CASSHERN 交叉 >>